【記事が見づらいブロガー必見】ターゲットにブチ刺さる記事デザイン

文章術
ブログ初心者
ブログ初心者

記事が見づらい。垢抜けない。

原因は「装飾不足」と「余白不足」でした。

ネットの読者は
「読まない・信じない・行動しない」

イメージでいうと、
ネガティブで怠惰なインキャです。

  • 記事が見にくい→離脱
  • わかりにくい→離脱
  • 信頼できない→離脱

まずは読まれるために
「パッと見でわかる記事」
を書くのが絶対条件。

本記事では、「3ヶ月で初心者ブログから、垢抜けブロガーに転身しした方法」を解説します。

知っていれば誰でもできる。
読んでパクれば、明日から記事が
見やすくなります。

ぜひ最後まで読んで活用してください!

本記事の内容

  • ターゲットごとに〇〇を変える
  • 〇〇〇を多用して視認性アップ
  • 吹き出しは〇〇で使え
  • h2タグの直下に見出し
  • 1ページを文字で埋めるな
スポンサーリンク

ターゲットごとに「改行」を変える

学習したいユーザー
 →まとまった長文記事
流し見ユーザー

 →改行の多い記事

  • 「偏差値30」と「偏差値60」
  • 「雑誌感覚」と「専門書感覚」
  • 「学習目的」と「ただの流し見」

同じデザインを提供したら、
当然読まれません。

ネットユーザーは多様。
ターゲットが違えば記事デザインも変わる。

偏差値30のユーザーには
余白が多く「パッと見」でわかる記事

偏差値60のユーザーには
長文になっても濃いコンテンツ

テーマによって別のデザイン記事を提供すべき。

このブログだと

テーマポイ活、日常系
ターゲット意欲低め。流し見。
コンテンツ改行多めの優しいデザイン
テーマブログ、エンジニア系
ターゲット意欲が高い。しっかり読む。
コンテンツテキスト多めの深いコンテンツ

と記事デザインを分けています。

詐欺系サイトがやたら長い理由

長くて改行が多い詐欺系サイト。
彼らのターゲットは怠惰で楽に稼ぎたいバカ。

  • 余白多い
  • 改行多い
  • やたら長い
  • 絶望→師匠と出会う→成功→ノウハウ教えます
    という定番ストーリー

これらが詐欺サイトの戦略です。

学習意欲が低く「楽して稼げればいいや」というユーザーには「改行」が多いデザインが好まれます。

スクロールすればスイスイ進むので、記事の長さは気になりません。

気づけばメアドを登録してる。

この「グレーなテクニック」は悪用してはいけませんが、記事にしっかり活かしましょ。

エル
エル

読者にブチ刺さるデザインになります。

リストを多用して視認性アップ

読者は文をきらいます。できる限り「箇条書き」

ブログ読者は「読む」のではなく記事を「見る」

【比較】「リストあり」と「リストなし」

パターン1:リストなし

WordPressでブログを始めるには独自ドメイン・レンタルサーバー・WordPressテーマの3つが必要です。

パターン2:リストあり

ブログに必要なのはこの3つ

  • 独自ドメイン
  • レンタルサーバー
  • WordPressテーマ

リストの方がパッと見でわかり、読みやすい。

同じ概念が3〜5個並ぶときは、箇条書きを使いましょ。

「数字つきリスト」と「数字なしリスト」

ただの羅列なら「数字なし」
順番がある時は「数字つき」

「ブログの開設手順」なら、「順番」に進めるので数字付きが向いています。

「ブログに必要なもの」は「羅列」するだけなので、数字なしでOK

吹き出しは「強調」に使うべし

吹き出しの文字は読まれます。
大事なポイントを入れましょう。

ダメな例

エル
エル

へぇ〜そうなんだ!

良い例

エル
エル

余白を使えば、視認性がアップします!

どうでもいい文を吹き出しに入れると、徐々に読まれなくなっちゃいます。

吹き出し前後も読まれます

重要ポイントの直前に吹き出し置くのも効果的

吹き出しの内の文字数は15文字以内に収めたい。

長くなるときは直前に吹き出しを使いましょう。

テーマに吹き出しがついてない場合は、プラグインがオススメです。
吹き出しプラグイン:Word Bolloon

h2タグの直下には画像

画像がない記事は飽きられます。

読者は文章が大嫌い。

画像を入れて「飽き」を防ぎましょう。

画像選びのポイント

「想像力を掻き立てるべし」

ボクは画像選びに30分以上かけます。

例えば下記の画像。

いかにも稼げる裏ノウハウが書いてありそうな雰囲気です。

言葉を減らして画像で語る。

見やすい記事の基本です。

迷ったら「子供・美女・動物」

  • 子供
  • 美女
  • 動物

上記3種類の画像には、興味を引く効果があるようです。

画像に迷ったら「◯◯ 動物」とかで画像サイトで検索しましょ。

1画面を文字で埋めるな

スクロールする時の画面全体を文字で埋めるのは禁忌です。

ボクのブログで一画面が文字で埋まるのは、ほぼ無いはず。

ちょっとでも文字が多いと
「ダルいな」と思って離脱が増える。

濃いコンテンツは長文になりがちですが、
リストや吹き出し、マーカーをうまく活用しよ!

まとめ【既存の記事を装飾しよ】

  • ターゲットごとに「改行」を変える
  • リストを多用して視認性アップ
  • 吹き出しは「強調」で使え
  • h2タグの直下に画像
  • 1画面を文字で埋めるな

この5つを意識するだけで、記事デザインが垢抜けます。

既存記事をリライトして、簡単さやデザインの楽しさを実感してください。

朗報!
\デザインテンプレ配布/

ブログで頻出のデザインをCSSテンプレートで準備しました。

使い方も解説してます。

内容はこちら

  • リストデザイン
  • ボックスデザイン
  • 吹き出し
  • ぷるぷるボタン

テーマの装飾機能が乏しい場合は是非ご活用ください。

ブロガーこそWebデザインを学ぶべき

Webデザインはデザイナーのもの、という間違い

本記事を通して、デザインの大切さが伝わったでしょう。

どんないいコンテンツも読まれなければムダです。

難しい理論は知らなくてOKなので、基本原則を学びましょ。

この本はデザイナーじゃなくても活用しやすく人気です。

¥1,600 (2021/08/07 15:17時点 | Amazon調べ)

記事の質を上げるには、まずパクれ

それではまた〜🦋

コメント

タイトルとURLをコピーしました